バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フォア奥クロスドロップ&カットの技術【動画と解説】

今回は、フォア奥からのクロスカットとドロップを動画を交え解説します。
ラリー中にフォア奥にきた低いロビングやクリアに対して両足を入れ替えて打つと、
シャトルのコントロールが損なわれます。それでは、どうすればいいのでしょうか?

ホームポジション付近からフォア奥へのフットワークは、大きく2種類あります。
タイミングが合って跳びつける場合は、2歩タッピングして跳びついて打つ。両足
     を空中で入れ替えない。

フォア奥へ追い込まれた場合は、継足(シャセ)もしくはクロスステップを使いイ
     ンパクト時は右足(右利き選手)を出して打つ。

今回は、上記ののフットワークを使ってフォア奥からクロスカットとドロップを打
つ技術です。

<カットの打ち方>
a.グリップは、バックハンドグリップで、ラケット面の延長戦上のハンドル面に親指を
   つける。シャトルを切り過ぎる場合は、フォアハンドグリップへ変更

b.インパクト時のラケット面の角度は鋭角で、スウィングスピードは速い

c.インパクト前後に上半身の捻転動作を行わない。両肩を一直線にした状態をキープし
   て打つ


d.インパクト直前の跳びつきは右足で蹴って打ち、右足から着地してから左足を着くの
   がベスト。両足着地でも可(右利き選手)

<ドロップの打ち方>
カットとの違いは、上記b.でインパクト時に打点を少し落とすことでラケット面の角度
をやや上向きにし、スウィングスピードを遅くする。身長にもよるが、自陣のネット前
で少し山を作ることをイメージして打つ。

◆カットとドロップのシャトルの軌道とインパクト時のラケット面の角度
プレゼンテーション1  

◆フォア奥からクロスドロップとカット(小・中学生2選手)


モデルは、鳥取市の小・中学生男子2選手です。非常にうまいですね!
皆さんも是非練習しましょう!

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2018/04/16(月) 07:00:26|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | クロスネットの技術【動画と解説】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/331-94529d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (69)
セミナー/講習会 (101)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (41)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR