バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

中学生の練習で注意する点

中学生の指導者(Aさん)から質問がきましたのでブログで回答します。

 

A:中学生の練習で注意する点はありますか?


飯野:中学生は呼吸循環機能が向上する時期ですので、コート内を広い範囲で速く動き呼
   吸を上げる練習が必要です。別の言い方をするとバドミントンのスタミナの土台を作る重
   要な時期になります。この時期に呼吸を上げる練習やトレーニングを定期的に継続して
   行なわないと、
将来、スタミナ向上の練習やトレーニングを行なっても、獲得が難しく
   なります。


A:中学生までバドミントンを行なっていなくとも、他のスポーツで呼吸循環機能を十分刺激して
  いればいいのですね?


飯野:そうです。


A:指導している中学生の一部は、ダブルスの練習だけを行っていますが?


飯野:ダブルスのラリー練習は、素早く動く、筋パワーを発揮する頻度が多いという長所
   があります。反面、コート内を広い範囲で動く練習が少ない、ラリーが短くなりやす
   く呼吸循環機能への刺激が少ないなどの短所があります。


A:そこを補うにはどうしたらいいでしょうか?


飯野:ノック練習を実施する際、コート内を広い範囲で速く動く練習が必要です。その際、動く時
   間を少し長くとり呼吸循環機能を十分刺激することが重要です。

 

A:そうするとシングルスの練習は不可欠と言っていいのでしょうか?


飯野:個人的にはシングルスの総合練習やシングルスのノック練習は不可欠と考えています。

   一方、筋力や筋持久力が不足すると呼吸循環機能向上の制限因子となりますので、
   練習と併せて筋力トレーニングを実施する必要があります。(制限因子=足を引っ張る要因)

 

A:シャトルを打ち合う練習で筋力や筋持久力が養われるのではないでしょうか? 

飯野:ある程度は養われますが、レベルの高い競技力向上を目指すのであれが筋力トレーニン
   グの実施は不可欠です。中学生の段階では、筋持久力向上のトレーニングが中心になる
   でしょう! 自分の体重を負荷にする、もしくは軽い負荷を加え回数を多く行なうのが筋持
   久力のトレーニングです。


A:シャトルを打ち合う練習だけではダメなのですね?

飯野:選手や指導者がどのレベルの競技力を狙っているかによります。高い競技力の獲得
   を狙っているなら他にもやるべき練習やトレーニングは多くあります。
 


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/12/18(火) 20:42:24|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<半年間ありがとうございました | ホーム | カットのコントロールが悪い!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/35-c5326497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (89)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR