FC2ブログ

バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ダブルスレシーブのパターン練習

ダブルスのレシーブで1発逆転を狙い、後衛を逆面に速いドライブで振ろうとすると
エラー発生の確率が高くなります。後衛のスマッシュスピードが速くなるに従いエラ
ーの確率が高まります。

<具体的な例で説明します>
レシーブ側がサイドバイサイドに並んでいます。攻撃側後衛がフォア奥からレシーブ
側の右側(レシーブ側から見て右側)に構えている選手のバックサイドに速いスマッ
シュを打ちます。レシーブの選手がスマッシュを打った選手を速いドライブでバック
奥に振ろうとするとエラーの発生が高まります。
下の図を見て下さい。下右図は、上記のレシーブ側の選手のインパクト時のラケット
面の角度とシャトルが打たれてきた方向と返球したい方向を示しています。ラケット
面は、後衛をバック奥へドライブで振ろうとしているためバック奥方向に向いていま
す。その結果、後衛スマッシュのスピードが速いと赤い矢印のようにシャトルが滑っ
てしまいエラーに繋がります。

左図は、後衛がスマッシュを打ってきた方向へ打ち返している図です。インパクト時
のラケット面がしっかりスマッシュを打った選手に向いているため、シャトルが滑っ
てエラーすることが無くなります。

◆ラケット面の角度と返球方向
ラケット面の角度と返球方法 

<練習内容>

上記内容を踏まえ、レシーバーは、返球をスマッシュを打った選手に打ち返すパター
ン練習です。

◆ダブルスレシーブのパターン練習
ダブルスレシーブのパターン練習

① A選手は、レシーバーのC選手に1球目半面後方両サイドにクリアを打つ。(青色矢印)

② C選手は、クリアに対してA選手の全面後方両サイドにクリアで返球する。

③ A選手は、C選手の守備範囲である半面にカット、ドロップを打つ。(赤色矢印)

④ C選手は、A選手のフォア奥へロビングで必ず返球する。

⑤ A選手は、C選手のバックサイドにスマッシュを打つ。

⑥ C選手は、A選手がスマッシュを打ってきた方向へドライブもしくはネット前に返球
  する。


⑦ B選手は、C選手がドライブ、ネット前に返球した球を攻撃する。攻防の方法はフリー

⑧ C選手がシャトルを上げざるを得ない時に、上記①に戻りパターンを繰り返す。

<スタミナ向上のための練習条件>
・攻撃側前衛選手がシャトルを2~3個持ち、ラリーが途絶えたら直ぐにシャトルを出し
 ラリーを続ける。

・多少ラインを越えてアウトになっていてもシャトルを打ってラリーを続ける。

・ネットに引っ掛けたり、大きくコート外に出した時は、シャトルを拾いに行かない。

・手持ちのシャトルを使い切ったらシャトルを集める。その間回復を図る。

・ラリーが長くなり、息苦しくなって我慢できなくなったら数十秒間の休憩を入れる。
 動く時と休憩時間のメリハリをつける

・時間時間は、10~15分とし攻守交替で計30~45分の練習を原則とする。競技レベル
 や体力に応じて時間を調整する。

練習対象選手は、小学生上級レベル、中級レベル以上の中学生。高校生・大学生・社会人

<飯野コメント>
今回はスマッシュを例にして説明しましたが、ドライブでも同じことが言えます。レベ
ルが高い選手、スマッシュやドライブの速い選手と対戦する時は、このことを理解して
返球コースを考えましょう!


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
   以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒ iino@quartz.ocn.ne.jp 

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。
   You Tubeを開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
スポンサーサイト
  1. 2018/11/27(火) 09:25:42|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近の質問集【質問と回答】 | ホーム | 2019年「小・中学生のためのスプリングキャンプ」日程決定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/359-474809db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年の計8回
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (18)
技術 (71)
セミナー/講習会 (112)
フットワーク (9)
愛用品 (12)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (3)
方針 (18)
練習方法 (52)
講義 (2)
トレーニング (14)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (8)
理論 (11)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR