バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ハイバックの打ち方

ハイバックの打ち方のポイントを教えて欲しいとの連絡がありましたのでブログで回答します。

ハイバックは、一昔前は打っていけないショットでした。しかし、最近の国際大会では、女子選
手もハイバックを簡単に打つことが当たり前のようになってきました。日本では県レベルの男子
選手でもハイバックをいとも簡単に打っていますが、女子選手はまだ抵抗があるようです。
ハイバックで打たないで回り込んで打ちなさいと言いますが、試合では回り込んで打てないよう
に相手は厳しいショットで攻めてきます。ハイバックを練習していないと打てないし、打てないと
気になって他のショットにも悪影響が出てきます。

バドミントンの技術目標はいろいろなショットを自由自在に打てるようになることです。
そのためには、年齢を問わず早い段階からいろいろなショットを打つ練習が不可欠です。
勿論、ハイバックは小学生から練習を開始すべきです。
そこで、ハイバックを打つポイントを2回に分けて解説します。

1.コート内移動で運動エネルギーを獲得する
試合では、ホームポジション付近から移動を開始する場面が多くあります。ハイバックを打つ
時は、バック奥ヘ移動しますが、その時に「運動エネルギー」が発生します。運動エネルギー
とは、ラケットをスウィングする時の動力源をここでは言います。止まって打つよりは、コート内
を移動した後に打った方がシャトルを遠くへ飛ばすことができることで実感していると思います。

2.フットワークは、サイドステップで移動
ホームポジション付近から移動する際のフットワークは、サイドステップで行いましょう。一般的
には2回サイドステップを行い、右利きの選手は右足を出してスウィングを開始します。

3.足を着地し運動エネルギーを腕に伝える
ホームポジション付近から移動すると運動エネルギーが発生しますので、右足を床に着地す
ることで運動エネルギーを腕に伝達します。右足の着地とスウィングを同時に行う選手がいま
すが、右足の着地後、タイミングよくスウィングを開始しましょう。それにより足(土台)が安定
するのでショットのコントロールも向上します。

4.右足に体重を乗せる
右足を着地した後、両足が伸び上がる選手がいます。高い打点で打ちたいのかもしれません
が、両足が伸び上がると速いスウィングが出来なくなりますので避けましょう。
右足のヒザ関節を曲げて体重を右足にかけます。


次回は腕のスウィング編です。お楽しみに!
その間、足の移動、右足の着地の練習を行っておいてください。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/01/20(日) 11:02:08|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<卓球界に学ぶ | ホーム | リーダー論その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/41-1fbcfdcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (89)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR