バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ジュニア選手の技術課題

栃木県ジュニアキャンプに参加した一部の選手に以下の課題がありましたので紹介します。
参加した選手全員にアドバイスしましたが、皆さんにも共通する部分があると思いますので
参考としてください。

1.ドライブ・プッシュをラケットの並進運動で打つ

ドライブとネット前プッシュを打つ際、前腕を捻ってからインパクトするのではなく、ラケットの
並進運動だけで打っている選手が比較的多くいます。ラケットを回転する運動がないため速
いショットを打つことが難しくなると共に、打つコースがわかりやすくなるという欠点があります。

ラケットの並進運動だけで打つことを、我が家では「猫パンチ」と命名しています。

猫パンチを卒業することを期待しています。

 

2.ドライブ(オーバーヘッド)をしゃがんで打つ

ウォーミングアップでドライブを打ち合っている時、オーバーヘッドで打ち合う選手が多くいま
す。ジュニア選手は身長が低いのでサイドでドライブを打つのではなくオーバーヘッドになる
のは理解できます。問題は、オーバーヘッドで必ず打とうとするため顔面もしくは、顔面より
下に来たシャトルに対して、しゃがみながら打つことです。これは人間が危険を回避する反
応なので通常の生活ではよいことなのですが、バドミントンでは絶対に避けるべき反応です。
しゃがんだり、避けたりしながらラケットをスウィングするとシャトルを瞬間、下から見たり横
から見るため感覚がズレてしまい上手くシャトルに当てることが出来なくなります。時速数
百kmでシャトルが飛んでくるわけですから当然といえば当然です。また、運よく当たったと
しても狙ったコースへ返球することもできなくなります。これは、ダブルスのスマッシュレシー
ブにも言えることです。レシーブでは、インパクト前後に顔を決して動かしてはいけません。

もう一つも問題は、ドライブの練習なのにオーバーヘッドで打つということです。試合に
なればドライブを打つ場面が必ずあります。ウォーミングアップでドライブを打たなくともいい
のですが、他でドライブを打つ技術練習を行なう必要があります。

 

3.ロングドライブが打てない

ダブルスのトップ&バックのドライブの打ち合いの練習で、センター付近もしくは後方からド
ライブを正確に打つことができません。正確に打てないと一番簡単な選択として、相手コ
ート後方まで上げるようになります。対戦相手のスマッシュが速いとノータッチになったり、
強いプレッシャーを与えられるので、むやみに上げずにラリーを展開することがダブルス
には求められます。そのためには、ドライブの技術を向上する必要があります。ショート
ドライブは練習すれば、直ぐ上手くなりますが、自陣コート後方付近から相手コート後方
付近まで打つロングドライブは、高い技術を要します。むやみに上げずにラリーを展開
するためには、ロングドライブの技術練習は必須です。

 

4.左手を高く保ち、そこからシャトルを落下して打つ

ロングハイサービスの時、左手を高く保ち、そこからシャトルを落下して打つ選手が比較
的多くいます。そうやってロングハイサービスを打つと、その都度打点がマチマチになり
やすくシャトルのコントロールが不安定になります。とても難しいことを実施しているわ
けです。本番の試合では非常に緊張するため、更に難易度が増します。

また、左手を高く保ち、そこからシャトルを落下してショートサービスを打つことは難しい
ため、相手はロングハイサービスだけを予測することができます。

左手のシャトルを持つ位置は、ショートサービスを打てる位置で保持し、ショートサービ
スとロングハイサービスの両方を打てるようにしましょう。

 
◎ホットコーナー
ジュニアキャンプの主催者であり指導者の方から、キャンプ初日の夜に以下の報告があ
りました。
ジュニアキャンプで私が選手に技術を指導しましたが、その時は、あるショットの技術がで
きなかったそうです。しかし、数ケ月後に練習でキャンプで出来なかった技術を打ってい
たので選手に聞いたところ、ジュニアキャンプで教えてもらった技術を意識して練習を繰り
返していたらできるようになったそうです。
その報告をされた指導者は、非常に嬉しそうでしたが、当然私自身も嬉しさが込み上げて
きました。
ジュニアキャンプで技術を教えますが、その時にできる選手、できない選手が当然いるわ
けです。しかし、技術の考え方、体・腕・指の使い方、ラケットの軌道の取り方などを教える
と、いつかできるようになるのです。1ケ月後かもしれません。半年後かもしれません。
全く知識がないといつまでたってもできませんが、知識があればいつかできるようになるの
です。
そのことを再認識させられた日でした。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリック

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/02/17(日) 00:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパーサーキット | ホーム | ジュニアキャンプ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/47-3d0defb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR