バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

見よ!小4のドロップ

見よ!シリーズ第2弾

今回は、前回の「見よ!小1のスマッシュ」に続き、ドロップの理想的なフォームをハイス
ピードカメラで撮影した動画で見て頂き、解説を行います。

 

今回紹介する選手は、神奈川県在住で小学4年生の「江頭桜空:えがしら おうすけ」選手
です。撮影した日は、セミナー&交流会の最終日の3月26日ですので、4月以降の現在
は5年生になっています。

江頭桜空選手は、カットが得意で返球の読みがいい選手です。昨年開催された第21回
全国小学生バドミントン選手権大会男子ダブルス4年生以下で末永逸貴選手と組んで
優勝しています。

桜空選手は、今までドロップをあまり得意としていませんでしたが、今回のセミナー&交流
会で理論を学び一生懸命練習してマスターしました。

 

私からの指導した内容は以下の通りです。

1.強打を打つと見せかけること

2.右足で踏み切り空中で足を入れ替える際、骨盤のひねりにブレーキをかけること

3.打点をやや低くしてラケット面を少し上向きにすること

4.インパクト前後でスウィングスピードを遅くし、フォロースルーをとること

5.打った後のシャトルの軌道は自コートネット前に山を作ることで、シャトルを相手コート
のネット際へ落下させること

 

これに対して桜空選手は、見事に実現させています。


見よ!小4のドロップ ←クリックすると動画を見ることができます。

 

■私の指導に対する桜空選手のドロップフォームの解説

1.強打を打つと見せかけること

⇒スマッシュやカット、ドリブンクリアーを打つと同じ動作をストローク開始時に行ってい
   ます。以下がその内容です。

   右足に体重をかけて踏み切り、運動エネルギーを発生させています。運動エネルギー
   とは、ラケットを速くスウィングするための動力源をいいます。

   利き腕は肘を落とした状態から振り始めており、肩関節可動域を十分使って強打を打つ
   と対戦相手に予測させています。

【注】肘を落とした状態からスウィングを開始できる場合は、ストロークの動作開始からイン
パクトまで十分な時間があるときです。対戦相手が低いドリブンクリアーや速く低いロビン
グを打ってきた場合は、肘の位置を高くした状態からスウィングを開始し対応します。スウィ
ング開始の肘の位置は、対戦相手が打ったショットによって変化します。インパクトまで十分
時間があり、自身の最速のスマッシュを打ちたい場合は、肘を落とした状態からスウィング
を開始しましょう!

下のイラスト左は肘を上げた状態からスウィングを開始、右は肘を落とした状態からスウィ
ングを開始しているモデルです。

テークバックの相違

  

2.右足で踏み切り空中で足を入れ替える際、骨盤のひねりにブレーキをかけること

⇒スマッシュやカット、ドリブンクリアーなどの強打を打つ際は、右足に体重をかけて踏み
   切り、空中で左右の足を入れ替えることで骨盤をひねり、体幹の捻転を強めようとします。
   しかし、ドロップはインパクト前後にラケットをゆっくりスウィングする必要があるため、
   運動エネルギーの伝達をある部位で抑える必要があります。桜空選手は、左足を着地
   した後、左足を軸にして骨盤のひねりにブレーキをかけています。そのため、右足がゆっ
   くり前にいっていることがわかります。この動作によって足で発生させた運動エネルギー
   を体幹へ伝達することを抑えているわけです。

【注】運動エネルギーを発生させ強打とみせかけた後、その運動エネルギーを自ら打ち消
す動作を行う。これがドロップを打つ時の重要なポイントです。

 

3.打点をやや低くしてラケット面を少し上向きにすること

⇒ラケットのスウィングが速いため、ハイスピードカメラでもインパクトの瞬間を鮮明にとら
えることができませんが、確かにラケット面がやや上方向に向いてインパクトしています。

【注】インパクト前後のスウィングは、ラケット面を打つコース(方向)に向け、ラケットを押し
出すイメージで行いましょう!

 

4.インパクト前後でスウィングスピードを遅くし、フォロースルーをとること

⇒インパクト後をフォロースルーといいますが、フォロースルーを十分とることで、シャトル
   を狙ったエリアに正確にコントロールすることが出来ます。桜空選手のいいところは、
   このフォロースルーをスウィングが非常にゆっくりですが十分とっているところです。

   是非見習いたいですね!

 

5.打った後のシャトルの軌道は自コートネット前に山を作ることで、シャトルを相手コート
    のネット際へ落下させること

⇒動画では見て頂くことはできませんが、桜空選手は、見事に達成しています。

【注】ネット際に返球する際の重要ポイントは、インパクト後のシャトルの軌道をイメージす
ることです。以下がコート横からみたイメージ図になります。ドロップは、ネット際にシャトル
を落下させ、対戦相手をネット際まで動かすことが目的です。そうすることにより、クリアー
とドロップで前後もしくは前後の対角線に大きく動かすことが出来るようになります。

 ドロップ軌道イメージ


ドロップは簡単なようで奥が深いショットです。試合をする際、対戦相手がドロップを打て
るかどうか確認することも大切です。相手がドロップを打てない選手でしたら、相手コート
後方へ上げたら、自陣コートのショートサービスライン付近から前方のエリアへは打って
きません。このことを明確にインプットして試合に臨みましょう。

 

皆さん、江頭桜空選手のフォームを参考にしてドロップをマスターしましょう!

あなたの戦法の幅が広がりますよ。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←ちょこっとクリック

 

--------------------------------------------------------------------------

◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメール
アドレスに問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術・バドミントン競技
力向上のための講義など

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/04/06(土) 09:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<見よ!小5のハイバック | ホーム | 見よ!小1のスマッシュ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/55-a18066db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR