バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

フットワーク動き始めと左足の引き付け

フットワークで動き始めの動作を詳しく教えて欲しい。さらに、右利きの選手が、ネット前で
右足を大きく出してシャトルを打った後、右足を左足付近まで戻すのでしょうか? という
質問がありましたのでブログで回答します。

 

1.動き始めに両足で床を強く蹴る

動き始めは、対戦相手が打つタイミングに合わせ両足で床を強く蹴ることが非常に重要で
す。

静止した状態から速く動き始めようとすると慣性が働いているため、この慣性を破る必要が
あります。

慣性とは、外力が働かなければ、物体はその運動状態を保つという慣性の法則です。

静止した状態から速く動き始めるには外力が必要です。外力を得るためにコート内では
の反力を利用
します。

両足で床を強く蹴る作用に対して、床から体に反作用を受けます。この反作用を「床反力:
かはんりょく」といいます。この床反力を利用して動き始めをよりスピーディーに行うこと
ができます。

歩行運動も床反力を利用していますが、両足で床を強く蹴ることで歩行時に比べより大きな
反作用(外力)を得てスピーディーに動き始めることができるのです。

サッカーのPKでゴールキーパーは、相手キッカーがボールを蹴ると同時に芝生を強く蹴っ
て左右に動き始めている動作と一緒です。この動作をバドミントンでは頻繁に行っています。

 

但し、床を強く蹴って高く飛び上がり過ぎると、空中にいる間にカットやスマッシュを打たれ
ノータッチになることがあります。
必要以上に高く飛び上がることは避けましょう。

床を蹴った後の着地は、歩幅を保ったまま着地する方法と、着地の際に少し歩幅を広げる
方法があります。

試合では、両足で床を蹴る動作を何十回、何百回と行うわけですから縄跳びのトレーニン
グが不可欠だといえますね。

 

動き始めで床を強く蹴った後、左右どちらかの足で1歩目を出しますが、1歩目を大きく踏
み出した場合、逆方向のフェイントに対して修正が困難になります。
1歩目は無理のない
歩幅で速く出しましょう!

 

2.ネット前などで右足を大きく出した場合、左足を右足付近まで引き付ける

コート内移動スピードの観点から、ネット前などで大きく右足を出してシャトルを打った後、
左足を右足付近まで引き付けて体の立ち上がりを速くしましょう!
その後、ホームポジション付近まで戻りますが、いつも速く戻る必要はありません。しかし、
いつでも速く戻れるよう体勢の立て直しを速く行っておく必要があります。

歩幅が大きいにもかかわらず右足を左足付近まで戻そうとすると、次の動作に移行する
のに時間がかかってしまいます。さらに試合中、何十回か実施すると右足大腿部の筋疲
労が顕著になります。

右足を出す歩幅が狭い場合は、右足を左足付近まで戻しても構いません。

 

早速、練習で確認してみてください!

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←ちょこっとクリック

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン
競技力向上のための講義など

 

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/01(土) 09:00:00|
  2. フットワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ショットのチェック表 | ホーム | アップ過不足>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/63-a933c0bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR