バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ノック出しの技術~ドライブ

今回は、ダブルスのドライブ練習のためのノック出しの技術を映像で紹介します。
通常のスピードで撮影したものとハイスピードカメラのスローで撮影したもの(正面とサイドから撮影)
です。
ノック出しのモデルは私で、シャトルマガジン(ノック出し器)のベルトタイプを使ってノック出しを行って
います。

<ドライブノック練習の目的>
1. ノックで左右にドライブを打ち後衛の左右の攻撃範囲を広げる
2. コート半面にいる選手に対してノックでテンポの速いドライブを連続して打ち、ドライブの打ち合い 
     に対応できるようにする
3.ドライブの技術練習を行うため定位置へシャトルを出す

<映像の内容>
テンポの速いドライブを数発打ち、次にワイパーショットでネット際に落とす技術を撮影しました

<ノック出しの技術ポイント>
1.シャトルマガジンのシャトルの出口は、左手がシャトルを取りやすく、尚且つシャトルを取ってから
  打つまでの時間が短縮できる位置に固定する  

2.左手に持ったシャトルを使い切ったら直ぐにマガジンの出口からシャトルを取り出す

3.シャトルを取り出した左手を打点近くまで持ってゆき、そのまま左手でシャトルを横にスライドさ
  せる。その際、インパクトまでの空間でシャトルが回転しないようにする。
  インパクトでは、コルクが斜め横になっているが、ラケット面が常にシャトルのコルクの側面を打
  つ、もしくは、コルク側面と羽根部分を同時に打つことでシャトルをコントロールすることができる


4. スウィングは、右肘を後方に引き、引いた反動で右肘を前方へ押し出すことでスウィングスピード
  を増す

5. ノックを受ける選手の打つフォームを見たり、どこへ打ったのか確認すると手が止まるので、ノッ
  クを受ける選手を注視しない。それらは第三者に任せる


■ドライブノックノーマルスピード



■ドライブノックのスロースピード<ハイスピードカメラで正面から撮影> 




■ドライブノックのスロースピード<ハイスピードカメラで横から撮影>



ノック出しでドライブを打つことができない人が多いようです。この映像をイメージトレーニングとし
スキルアップを図って下さい。

「お知らせ」
コーチングセミナーサマーキャンプ仮申込み受付中。
詳しくは6月12日付のブログをご参照。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 
←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

--------------------------------------------------------------
◎私の指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp  ←質問もこちらへ
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミント
ン競技力向上のための講義など
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/21(金) 09:20:00|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ノック出しの技術~スマッシュ | ホーム | ノック出しの技術~前衛アタック>>

コメント

私はバックハンドの方がコントロールが良いので、ノックの球出しをバックハンドで行うことが多いです。
全面に高低・速さとも自由に出せるつもりです。
しかし、ノックを受ける側からするとタイミング取りづらかったり、実戦で相手の打つフォームと違ったりすると、練習効果に影響があるだろうか?と不安に思うこともあります。
ノッカーがバックハンドで球出しすることについて、問題点などがあればご指摘いただけますでしょうか?
  1. 2013/06/14(金) 10:03:09 |
  2. URL |
  3. 一読者 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 私はバックハンドの方がコントロールが良いので、ノックの球出しをバックハンドで行うことが多いです。
> 全面に高低・速さとも自由に出せるつもりです。
> しかし、ノックを受ける側からするとタイミング取りづらかったり、実戦で相手の打つフォームと違ったりすると、練習効果に影響があるだろうか?と不安に思うこともあります。
> ノッカーがバックハンドで球出しすることについて、問題点などがあればご指摘いただけますでしょうか?
一読者様、飯野です。ご連絡ありがとうございます。
ノック出しをバックハンドで行うとのことですが、ブログの前衛アタックをバックハンドで行うのでしょうか? それとも殆どのノック出しをバックハンドで行うのでしょうか?
前衛アタックをバックハンドで行えるのなら、すごくいいことだと思います。レシーブはバックハンドで行うことが多いからです。クリアーやスマッシュ、ドライブ、ドロップなどもバックハンドでノック出しを行うのでしょうか? 飛距離やシャトルのスピードなど気になります。
  1. 2013/06/14(金) 11:12:07 |
  2. URL |
  3. 飯野佳孝 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/67-abe9dbf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (13)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR