バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ノック出しの技術~スマッシュ

ノックの必要性は十分理解していると思いますが、再確認のためにノック練習の目的を説明します。
1.技術練習やコントロール練習を行うために、練習する選手が打ちやすい一定のエリアヘシャトル
  を繰り返し出す
2.コート内移動スピードとスタミナを向上するために、選手が最大限に速く動いてとれるエリにシャ
  トルを出す
3.試合で実際に行われるラリーを再現して球出しを行うことでショットに慣れる

などが挙げられます。

強いチームには、必ずといっていいほど上手いフィーダー(ノックを出す人)がいますね!

そこで今回はオーバーヘッドによるノック出しの映像を紹介します。

<映像の内容>
ノーマルスピードのオーバーヘッドの映像は、スマッシュを中心にドロップとクリアーを時々打っています。
ショットの違いは、ラケットのスウィングスピードの差やインパクト時のラケット面の角度、打ち出された
シャトルの軌道で確認してください。
実際のノック練習のイメージは、コート半面で選手がダブルスの練習でスマッシュ、ドロップ、クリアーを
受けています。ノックのテンポが速い理由は、選手がスマッシュをレシーブした後、対戦相手前衛がプッ
シュしたことを想定しているためです。
ハイスピードカメラで撮影したスロースピードの映像は、スマッシュを打っています。

<ノック出しの技術ポイント>
1.シャトルマガジンのシャトルの出口は、左手がシャトルを取りやすく、尚且つシャトルを取ってから
  打つまでの時間が短縮できる位置に固定する
2.左手に持ったシャトルを使い切ったら直ぐにマガジンの出口からシャトルを取り出す
3.シャトルを取り出した左手を打点近くまで持ってゆき、そのまま左手でシャトルを横にスライ
  ドさせる。その際、インパクトまでの空間でシャトルが回転しないようにする。
  インパクトでは、シャトルが床と平行になっていたり、斜め横になっているが、ラケット面が
  常にシャトルのコルクの側面を打つ、もしくは、コルク側面と羽根部分を同時に打つことで
  シャトルのコースをコントロールすることができる

4.スウィングは、右肘を後方に引き、引いた反動で右肘を前方向へ押し出すことでスウィングスピ
  ードを増す
5.ノックを受ける選手の打つフォームを見たり、どこへ打ったのか確認すると手が止まるので、ノッ
  クを受ける選手を注視しない。それらは第三者に任せる
6.ノックを出す位置は、ノック出しをする人のスマッシュスピードにより違ってくる。
  必ずしもコート後方からノック出しをする必要はない。

ノック出しのモデルは私で、シャトルマガジン(ノック出し器)のベルトタイプを使ってノック出しを行っ
ています。

なぜシャトルマガジンを使用するのか? という質問がありました。なぜ使用するのかというと、左手
をいつも同じ箇所に差し出せばシャトルを必ず掴むことができるからです。
さらに、シャトルを掴む場所が、左手から最短距離にあるためテンポの速いノック出しを行うことがで
きます。スマッシュのノックでは、シャトルマガジンの代わりに人がシャトルを手渡そうとすると、ラケッ
トがその人に当たってしまう可能性があります。

【重要】
スロースピードで横から撮影した映像を見ると気づかれると思いますが、打点は頭付近であり、それ
ほど高くありません。ノックで打点を高くしようとして右腕を右耳近くに近づけるとラケットを速くスウィン
グすることができなくなるためです。
シャトルを打ち合う中で速いスマッシュを打つときは、ノックを打つ時と違い、上半身が左側に傾斜す
るため打点が高くなります。スマッシュノックでは、上半身を左側に傾斜できないので打点が少し下
がります。
従って、ノックで角度のあるスマッシュやカットを打ちたい場合は、台や椅子の上に乗りノック出しを行
いましょう!


■オーバーヘッドノックのノーマルスピード



■スマッシュノックのスロースピード<ハイスピードカメラで正面から撮影> 



■スマッシュノックのスロースピード<ハイスピードカメラで横から撮影>


「お知らせ」
コーチングセミナーサマーキャンプ仮申込み受付中。
詳しくは6月12日付のブログをご参照。


にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

--------------------------------------------------------------
◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
に問い合わせして下さい。
iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン
競技力向上のための講義など
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/06/23(日) 17:33:14|
  2. ノック技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<中学生をもっと攻撃的な選手にしたい | ホーム | ノック出しの技術~ドライブ>>

コメント

ノックマシン

ブログを見て、シャトルマガジンを買うことに決めました!
今日相手がいない中で、練習のための練習をします。
いい発信をありがとうございます。
  1. 2013/06/24(月) 06:49:39 |
  2. URL |
  3. ほそかわ #-
  4. [ 編集 ]

ほそかわ様。飯野です。コメントありがとうございます。シャトルマガジンを購入されるとのことですが、私と同じ2レーンのものは今後製造するとシャトルマガジン代表者の方がおっしゃっていました。問い合わせしてみてください。飯野家では2レーンタイプを推奨いたします。
  1. 2013/06/24(月) 07:07:09 |
  2. URL |
  3. 飯野佳孝 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/68-63d8fa08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR