バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ダブルススマッシュレシーブ練習

ダブルスの勝敗を決める要因はいくつかあるが、中でもスマッシュレシーブは最重要ポイ
ントとして挙げられる。
ダブルスのスマッシュレシーブ力をつける練習は、レシーブ練習を多く実施することで獲
得できる。コート後方でたくさんスマッシュを打ってくれる選手がいれば、スマッシュを
打ってもらいレシーブ練習を行えばいい。しかし、スマッシュを打ってくれる選手が少な
かったり、全くいない場合はノックでスマッシュレシーブの練習をするしかない。
そこで、今回は、スマッシュレシーブのノック練習をビデオで紹介する。

<ビデオの内容>
ノックを出す人(私)は、サービスラインの少し後ろで椅子の上に乗り、スマッシュ、ド
ロップ、クリアーを打ちレシーバーにレシーブ力を強化させる練習である。

<ノック出しの注意点>
ノック出しの位置は、実際の試合より至近距離で出すため、レシーブする選手にとっては
シャトルの到達時間が短くなる。そこでスマッシュは、ややスピードを落として打つ必要
がある。
選手のレシーブのレベルが低い場合は、レシーブしやすいエリアにスマッシュを打つ。
レベルが上がるに従い、選手のレシーブの弱点を狙ってスマッシュを打つ。特に選手の利
き腕肩関節周辺から下のゾーンを狙って打つ必要がある。
さらに、レシーブ力が上がるとドロップを入れたり、クリアーを入れて実際の試合に近い
攻撃を再現する必要がある。
フィーダーの位置は、斜め方向から出したり同じ位置でも少し横に移動して出すなど、随
時変更して行うことが必要である。
ノックでスマッシュを打てない方は、私のブログで6月23日公開の「ノック出しの技術
~スマッシュ」を参照してください。

<レシーバーの注意点>
レシーバーで注意する点は、打たれたスマッシュに対し視線(目の向き。目で見ている方
向)を急に変えないことである。レシーブのインパクト前後で「しゃがまない」「避けない」
「目をつぶらない」「スウィングしながら頭部が横に流れない」などを実行しなければなら
ない。 頭部が急に動くと視線が変わるので速いスマッシュをレシーブすることが出来なく
なる。
また、体や頭部が急に動くとラケットの末端をコントロールすることが非常に難しくなる。
さらに、ラケットを速くスウィングすることも出来なくなる。
但し、少し横へ移動してレシーブしなければならない場合は別である。
ビデオでは、スマッシュなどテンポを速くして打っている。レシーブして前衛にプッシュ
されてもレシーブできるようになるためにテンポを速くしているのである。レシーバーは、
レシーブしてラケットを振り切った反動でラケットを元に戻すことでレシーブできるよう
になる。
レシーバーの構えは、スマッシュのコースが予測できないときは、バックハンドで構え
バックハンドでレシーブする。フォア側にスマッシュを打たれても利き腕の肘が開放さ
れているのでレシーブ範囲が広くなりバックハンドでレシーブすることができる。
相手のスマッシュスピードが遅かったり、コースや角度など予測でき、速いドライブで返
球したい場合は、利き腕の肘を引く、もしくはラケットを引いて反動動作を作りスウィング
することで達成できる。

■ダブルススマッシュレシーブの練習(レシーバーサイド)


■ダブルススマッシュレシーブの練習(フィーダーサイド)


さて、ビデオの中の選手は、理論どおりできていましたか?

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

「お知らせ」
コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!
既に多くの方が参加申込みをされています。定員になり次第募集締め切ります!

--------------------------------------------------------------
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
   検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
   に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp
指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者
指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習
・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン
競技力向上のための講義など

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/17(水) 14:10:28|
  2. 練習方法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高校生シングルスで攻撃だけしたい | ホーム | カナダ青木さんからのお便り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/73-cc998da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (11)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR