バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ハイバッククリアのグリップ

かえさんという方から質問が以下のとおりありましたので、ブログで回答します。

<質問内容>

ハイバッククリアを打つ際にはサムアップをせずにイースタンで打つべきだと教
わったのですが、これは正しいのでしょうか?

どちらでも打てるのですが、個人的にはサムアップをすると親指で押し込みたく
なり面が安定しなくなりそうで違和感があります。

という内容です。

 

バドミントンのストロークの是非は2つの点から判断すべきです。

1.懸案のストロークを繰り返すことで、特定部位の障害発生がおこる可能性が
高い場合は避けるべきです。関節の可動範囲を超えるストロークの場合に発
生しやすくなります。

2.ショットのパフォーマンスが低下する場合も避けるべきです。例えば、シャ
トルのコントロールが低下する、速いショットを打ちたいが速いスウィング
ができなくなる、などです。

 

質問の内容からすると上記の「2」に該当するようです。

それでは質問の内容で言葉の定義から行いましょう。

サムアップthumb up

サムアップとは、ラケットのハンドルを握る際、親指を立てることをいいます。
特にバックハンドで打つときに多く用いられます。サムアップの方法は以下の図
のとおり2つの方法がありますので打ちやすい方法を選択してください。

バックハンドグルップ

 

ハイバッククリアやバックハンドドライブなどのバックハンドを打つ場合は、親
指でハンドルを押す、捻ることで運動エネルギーを発生させてスウィングパワー
を増大させます。

しかし、かえさんは、ラケット面が安定しなくなりそうで違和感がある、とのこ
とです。

 

私個人としては、サムアップでハンドルを握ることでラケット面が安定してスウィ
ングパワーが増大するので好んで用いています。

 

しかし、かえさんがイースタングリップでハイバッククリアを打つことが、サム
アップしたグリップと同レベルのパフォーマンスを発揮できるのでしたら問題な
いと考えます。

 

パフォーマンスの判断は第三者に見てもらい最後は、かえさん自身が行うべきです。
ビデオなどに撮ってみるのもいいかもしれません。

 

このようにストロークが正しいかどうか判断するのに迷いますね! 

私が正しいストロークであろうと判断するには、

  世界のトップレベルが行っているストロークを参考とする

  スポーツバイオメカニクスの見地から判断する

  私が実際に打ってみて判断する


しかし、①の世界トップレベルの選手のストロークが全て理想的とは言えませんの
で付け加えさせて頂きます。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

「お知らせ」

コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!

 

--------------------------------------------------------------

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
  検索してください。チャンネル登録歓迎!

 

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
 に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・
ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミント
ン競技力向上のための講義など

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/07/27(土) 17:18:51|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【秋2nd】ラケットショプアッド講習会開催 | ホーム | 高校生シングルスで攻撃だけしたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/76-56a8d8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR