バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

奈良県宇陀市講習会報告

8月3日・4日に奈良県宇陀市で講習会を開催しました。
そこで、
主催者の宇陀市バドミントン協会会長上田義夫氏から講習会の総括
が届きましたので、ご紹介します。

--------------------------------------------------------------------------

講習会 ありがとうございました。

おかげ様で2日の講習会参加延べ人数は273名、純参加人数178名と今ま
でにない盛大な講習会となりました。また、別紙アンケート集計にもあります
ように30名の指導者のうち、94%の方に満足できる講習会と評価いただき、
今後の指導に活かしてもらえる有意義な講習会となりました。

 

飯野先生には当初1日の講習会予定を、勤労バドミントン愛好者のために変則
的に夜22:00まで講習いただき、さぞお疲れであったとお察しいたします。
また、講習参加者も①3日午後は奈良県下ジュニア+宇陀小中学生+その指導
者、②夜は宇陀市近郊社会人、③4日午前は宇陀市小中学生+その指導者、④
午後は宇陀市中学生と指導者+宇陀市社会人と多種多様な組合せのなか、それ
ぞれにとって大切なキーポイントを押さえながらも私どもの要望にも応えてい
ただいた講習カリキュラムの作成、そしてそのご指導は、講習会参加者にとっ
て、これからバドミントンに取り組む上で大きな刺激になったと確信いたしま
す。

 

私は5月に飯野先生の講習を受講し、その帰りの車中では宇陀市でも講習会を
開催したいと思い、そして講習会を開催するうえでは、飯野先生の体系的なバド
ミントン技術論と身体の使い方、日々のバドミントンへ取り組む為の心構えと姿
勢を少しでも多くの子供達やその指導者、バドミントン仲間と共有したい。また
こういう機会が今後も定期的に続けられればと素晴らしいと考えました。

 

ですから今回の講習会は、運営コストを下げるために参加いただいたジュニアチ
ームや中学校へは、シャトルの持ち寄り協力をお願いしたり、また講習会時の交
流を深めるため子供達に日頃背中に付けているゼッケンを前身につけてもらい、
また指導者にも同様にゼッケンを付けてもらったりと多々ご協力をお願いしての
講習会となりました。また、この講習会開催のきっかけを与えてもらった、橿原
バドミントン協会の横田会長には、飯野先生への橋渡しから講習当日のフィーダ
ー応援まで、本当にお世話になりました。他にも、お忙しい中、高槻からジュニ
アのフィーダー応援に駆けつけてくれた正岡さん、練習の合間に冊子作りをして
いただいた宇陀ジュニアのご父兄、そして何より頼れる宇陀市バドミントン協会
理事の仲間のバックアップと、いろんな人々のカをお借りして講習会へとこぎ着
けることが出来ました。

 

飯野先生の講習は、最初のアップ時から「この動きの意味は」と全てバドミン
トンと関連づけた体系的な説明となっており、指導者はもちろん子供達にも大変
解りやすいものでした。実技面では、当初の計画段階から実技見本のデモンスト
レーションにしっかり時間とっておられ、子供にイメージを持たせたうえで、繰
り返し実技させるご指導で、最初は2ステップの移動が出来ずぎこちなかった子
供が、講習中ごろには移動出来る様になり、講習最終段階では、大人を尻目にツ
ーステップで移動し「どや顔」でスピンを決め、ハイバックを打てるまでになり
ました。もちろん上達の差はあり全員というわけではありませんが、全ての子供
にその可能性を感じることが出来ました。

ただ、夜の社会人の部では、フィーダー経験者が少なく午後のジュニア同様の講
習形態をリクエストしたことで飯野先生に苦慮していただく結果となってしまい
ました。互いに打ち合うことが出来る社会人なら、フィーダーを介さないパター
ン練習で受講者にしっかり汗をかいてもらう方が良かったと反省しきりです。

 

そんな中、講習後のアンケート(別紙)では、飯野先生の厳しいながらもウイッ
トに富んだ表情や声かけが受講者に大変好評で、「しっかり教えてもらえた」
「今までの練習とちがって良かった」「講習会が楽しかった」「また参加したい」
という回答が大半で、70%の方に満足いただけた講習会となりほんとうに良か
ったと感じております。ただ30%の方、主に中学生の初心者には、少々ハード
ルが高い部分もあり満足までに至らなかったようで、次回の課題の一つとなりま
した。

 

今後の課題は、講習会冊子にあるカリキュラムを復習と応用できる様、いかに
上手に球出し出来るフィーダーを育成するかが大切と考えています。少しでも順
番待待ちの時間を短くし、多レーンで子供らにどれだけ沢山のシャトルを打たせ
るかが、上達スピードに直結すると今回の講習で感じるからです。

そのためには、まず父兄はもちろんですが高中学年にも手投げフィーダーをさせ
ジュニア全員がたくさん羽を打てるように指導します。

 

そして、私が講習会冊子に講習ポイントを加筆いただくようお願いした際に飯野
先生からご指導いただいた「与えすぎず、自分で考え掴み取る力を養う指導」を
銘記しこれから指導してまいります。

 

まだまだ、プレイヤーとしての欲もある私なので、子供達と一緒に汗かき飛び回
りながらバドミントンを楽しみたいと思います。

 

次回、講習会開催に向け今回の反省を活かし、より充実した講習会が開催出来る
様に企画を進めてまいります。

その時には、なにとぞよろしくご指導いただきますようお願い申し上げます。

 

                    2013年8月9日

                 宇陀市バドミントン協会 会長 上田義夫

 

※文中のアンケート結果の掲載は割愛させて頂きます。

 

■参加者との初日記念写真

宇陀市初日集合写真


■参加者との2日目記念写真

宇陀市2日目集合写真


■選手によるハイバックのデモンストレーション

宇陀市ハイバックデモ


■主催者側のご紹介

 写真に向って左側から上田さんの奥様、上田さん、大阪から特別参加の正岡
さん、私、奈良県橿原市バドミントン協会会長横田さん、上田さんのパート
ナーの高見さんです。

 初日午後の部が終わり、夜間講習に備え夕食を体育館の近くの蕎麦屋さんで
 とりました。

 ノンアルコールで乾杯! お蕎麦は勿論のこと馬刺しと出し巻たまごが絶品
 でした。

宇陀市講習会役員


■飯野コメント

 今年5月に奈良県橿原市で講習会を開催させて頂きました。そこへ来られた
のが橿原市協会横田会長の後輩である上田さんでした。終了直後に宇陀市で
講習会を開催したいという申し出があり今回実現しました。
上田さんと協会
関係者のご尽力で2日間に渡った講習会を無事終了することができました。
謹んでお礼を申し上げます。

 以下、講習会で気がついた内容をコメントさせて頂きます。

 

講習会の時にウォーミングアップを行います。代表的な動きがツーステップ、
サイドステップ、クロスステップ、継ぎ足(シャセ)、サイド飛びつきなど
を組み合わせて行います。しかし、この動作が部分的なフットワークである
ことを認識していない選手が非常に多いと感じました。基本的なステップが
出来なければコート内のフットワークはできません。そして、各ステップの
歩幅が大きいため、実際のフットワーク時の歩幅と違っています。フットワ
ークの基本は、細かなステップを速く行い、最後の1歩を大きく出す、こと
です。従ってウォーミングアップ時の各ステップも細かく速く行う必要があ
ります。

また、静止状態から素早く足を動かすクイックネストレーニングと、素早い
方向転換や切り替えしを行うアジリティートレーニングが不足しているよう
に感じました。

 

講習会に限らす普段の練習でも選手にシャトルを出すフィーダーの技術は重
要です。選手がラケットでシャトルを打つ動作は非日常的です。従って選手
が出来る限りたくさんのシャトルを打つことが技術習得には不可欠です。そ
のためには選手に対してシャトルを手で投げて打たせる、ラケットで目標と
するエリアやラインにシャトルを送り込むフィーダーの技術を磨くことが必
要です。

 

講習会で技術を指導するとき、私がラケットの軌道や、指、腕、体の動かし
た方(体を全く動かさないことを強調するストロークもある)を説明します
が、選手は見ているだけの人が大部分です。見て理解することも重要ですが、
実際にラケットを持って一緒に動かすことが短時間で習得するための近道で
す。

 

 次回の講習会でさらにレベルアップした選手とお会いすることを楽しみ
にしています。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

「お知らせ」

コーチングセミナーサマーキャンプ参加者募集中!

8月12日付で募集定員まで残り10名になりました。お早目に申し込ん
でください。

 

--------------------------------------------------------------

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを開き「飯野佳孝」で
  検索してください。チャンネル登録歓迎!

 

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、以下のメールアドレス
  に問い合わせして下さい。

iino@quartz.ocn.ne.jp ←質問もこちらへ

指導対象:小学生・中学生・高校生・大学生・社会人及び指導者

指導メニュー:技術指導・技術分析・技術理論・戦法を達成するためのノック練習・シングルス総合練習&部分練習・ダブルス総合練習&部分練習・フットワーク・戦法講義・練習計画作成・試合分析・ノック出し技術指導・バドミントン競技力向上のための講義など

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/12(月) 19:18:47|
  2. セミナー/講習会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<サマーキャンプカリキュラム公開 | ホーム | 京都観光~番外編>>

コメント

講習会ありがとうございました。

飯野様
お世話になりました。

次回講習会には、いただいたコメントを
宿題とし、ジュニアの指導に努め
飯野先生に次なる課題を与えていただける様頑張ります。

ありがとうございました。
  1. 2013/08/12(月) 20:08:52 |
  2. URL |
  3. 宇陀の上田です。 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/79-17c4b69c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR