バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

基礎打ち必要?

指導者H氏からもっと強くなるにはどうしたらいいのか? という問い合わせがあり
会話しましたので内容をブログで公開します。

H氏のチームは小学生と中学生の選手が計20名います。指導者は計6名で、日替わ
りで練習に参加します。週4回練習し平日は、2時間~2時間30分、土曜日は3時
間近く練習できます。常時使用できるコート数は3面です。

 

H氏:全国大会への出場は、もう一歩のところで残念な結果となりました。練習やト
      レーニングをもう少し工夫してレベルアップを図りたいと考えています。

 

飯野:分かりました。最初に1日の練習の内容を教えて下さい。

 

H氏:最初のウォーミングアップでランニングやバドミントンのステップを15分行
      い、ストレッチを10分、その後、基礎打ちを30分行います。その後、フッ
      トワークやノック、ゲーム練習などで終了です。

 

飯野:毎日基礎打ちを行うようですが、なぜ基礎打ちを行うのですか?

 

H氏:強いチームが行っているので必ず必要だと思って実施しています。

 

飯野:基礎打ちとは、半面で選手同士が各クトロークを打ち合う練習ですね?

 

H氏:そうです。何か問題でもあるのでしょうか?

 

飯野:基礎打ちの目的は、ストロークの練習でしょうか? ウォーミングアップの一
      環でしょうか? 両方でしょうか?

 

H氏:両方だと思います。

 

飯野:ウォーミングアップでしたら、その場で止まって打たないでダイナミックに動
      くべきです。その前にもステップなどのウォーミングアップを行っているので
      すから! また、時間も10分以内の短時間でいいでしょう!
 

      ストローク練習ということでしたら一番の問題は、基礎打ちは試合で使うスト
   ロークの一部分でしかないことです。

      例を挙げると基礎打ちはクロス方向へのショットがないこと、クロスネット、
      ハイバックの各ショット、カット&ドロップを打たれ低い打点からネット際へ
   返球するショット、相手コート後方へ低いロビングを打つショット、コート後
   方で不十分な体勢からネット際へ返球するショットなどを行っていないことで
   す。

 

H氏:ストレート方向に打てたらクロス方向へ打つ練習をしなくとも出来るのではな
      いのでしょうか?

 

飯野:ただ打つだけなら出来るかもしれませんが、シャトルのコントロールが不安定
   です。ラケットの軌道やストロークが違うし、コートの感覚も違ってきます。
   それでは試合で思い切って使えないのです。

      それを基礎打ちができたから全てのショットが出来ると誤解しているのです。 
      それも毎日長い時間をかけて行っていますが、実際の試合では思ったより役に
      たたないのです。
      年間何百時間、何十時間かけているのでしょうか?

 

H氏:無駄だということですか?

 

飯野:試合前やゲーム練習前は大雑把なストロークの練習である基礎打ちは、心理面
      も含め有効だと思います。しかし、通常の練習では、別の方法に替えては如何
      でしょうか? 

      試合に直結したストロークを打ち、ダイナミックに動く練習です。

シングルスだけの1例を挙げると

  ストレート方向にスマッシュ、カット、ドロップなどを打ってストレートに返球さ
れた球をクロスネットで返球する。

  クロス方向へカットやドロップを打ち、ストレートに返球された球をストレート方
向やクロス方向に低いロビングを打つ。

  ストレート方向へクリアーを打ち、クロスへ打たれたドロップやカットをネット際
に返球する。

 

H氏:シャトルを出す人が少ないのでできるかどうか?

 

飯野:例えば、上記①でしたら後方へシャトルを上げる人が1名、ネット前から手投げ
      でネットへシャトルを出す人が1名いればできます。選手がシャトルを出しても
      いいと思います。3~4選手がコートに入り1選手がカット&クロスネットを打
      ち、次の選手に交替してゆくローテーション練習ではどうでしょうか? 時間を
      決め、終わったら次のグループが入り、それを繰り返します。

      もう一つの方法は、1選手が何往復かしたら次の選手に交替していくやり方です。

      また、シャトルを出す人が限られるなら、コート後方は素振りを行いネット前で
      シャトルを手投げしてもらいクロスネットを打つことでもいいと思います。

      1日30分で幾つかのパターンを行います。全てのパターンを終了するのが1週
      間かかってもいいと思いますし、2週間で完結してもいいと思います。

 

H氏:実施していけば確かに効果が上がると思います。基礎打ちの時間の30分間だけ
      に限らす時間を延長して主練習としてもいいですね!

 

飯野:そうです。基礎打ちを毎日長い時間かけて必ず実施する必要はないのです。

      限られた練習時間の中で試合に直結した練習を行うことが重要です。

      1つ1つの練習・トレーニングの目的を再確認してみては如何でしょうか!
                                                              以上

*辛口コメント*
試合前の基礎打ちを見ていると「うまい!」と思った選手が、いざ試合をすると多彩な
ショットがなく、エラーも多いのに愕然とします。基礎打ちの世界チャンピオンになる
ための練習をしていたのでしょう! 残念です。

-------------------------------------------------------------------------------------- 

「ブロマガ移行のお知らせ」

いつもブログを愛読していただきありがとうございます。

ブログ継続のモチベーションの維持向上、及び、ブログ記事の内容充実を図るため9月か

ら一部記事を除きブロマガへ移行いたします。ブロマガ(ブログマガジン)とは、読者が

雑誌を購入するように、ブログの有料記事を購読してもらうものです。

1ケ月間の購読料を支払うと過去の記事を含めブログの記事全てを閲覧することができま

す。購入した期間が終了するとブロマガの記事を閲覧できなくなります。(期間購読もしく

は有料ブログモードといいます)

購読できる期間は、購入した日から1ケ月間です。例えば9月15日に購読開始すると1

0月14日まで閲覧することができます。

記事数は月4件~6件で、月の購読料は300円を予定しています

主旨ご理解頂き、引き続きご利用をお願いします。

 

「質問などの連絡先」

ブログにあるメールフォームを利用して私宛にメールを送付すると最新コメント欄に内容

が掲載されてしまいます。また、私からの返信も最新コメント欄に掲載されます。

そこで、質問及び連絡はiino@quartz.ocn.ne.jp へお願いします。

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

 

------------------------------------------------------------------------------

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
  を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

 

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。
iino@quartz.ocn.ne.jp

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/08/27(火) 09:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダブルスローテーション練習 | ホーム | 前衛3点アタックノック練習 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/84-889a3659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (58)
セミナー/講習会 (88)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (36)
講義 (2)
トレーニング (9)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (8)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR