バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

ランニングをやり過ぎると!

小学生を指導しているR氏から以下の相談がありましたのでブログで公開します。

 

R氏:指導しているM選手は、スピンネットを練習でできるようになりましたが、
      いざ試合になると使えません。このままスピンネットを練習していても意
      味があるのでしょうか?

 

飯野:小学生の試合をイメージしてください。

      M選手が打ったカットやドロップを対戦相手は、ネット際へ返球できるの
      でしょうか?

 

R氏:ネット前には返球しますが、ネット際へ返球できる選手はほとんどいませ
      ん。技術レベルが低いのでしょうね。

 

飯野:逆にM選手がネット際へ返球した球を相手選手は、ネット際へ打つことが
      できますか?

 

R氏:コントロールが悪いのでネット際へ返球できる選手は、極わずかです。

 

飯野:そうするとスピンネットを使う場面がなかなかないのですね?

 

R氏:そうなりますね。

 

飯野:それでは、M選手の将来のことをイメージしてみましょう!

      M選手は中学生になりました。対戦相手はレベルの高い選手が多くいます。
      M選手をネット際まで走らせるために対戦相手はネット際への返球やネッ
      ト際の攻防が多くなります。ここで優位に立つことが試合で勝つための条
      件になると言ってもいいでしょう。

 

R氏:ネット際で優位になるための技術の1つがスピンネットということですね?

 

飯野;そうです。

 

R氏:中学生になってからスピンネットを練習してもいいのではないでしょうか?

 

飯野:小学生は、神経系が最も発達する時期です。小学生でも、出来る限り早い
      時期にいろいろな技術を練習した方が習得は早くなります。

 

R氏:将来のためにスピンネットの練習が必要だということが分かりました。

 

飯野:スピンネットに限らず、クロスネット、ハイバックの各ショットなども
      習得しておくと選手の将来の武器になります。

 

R氏:分かりました。それでは、もう一つ質問させてください。小学生の県の練習
      会で必ず40分間のランニングを実施します。当たり前のように行っていま
      すが、最近疑問に思っています。

 

飯野:ランニングは、バドミントンのスタミナ養成には直結しないことは、ブログ
 
   記事の「ランニング神話から目覚めよ!」で説明しました。

      一方、小学生はいろいろな運動を行い、オールラウンドな体力づくりを行う
      ことも重要です。その一環としてのランニングでしたらいいと思います。し
      かし、各チームの選手が集まる練習会で、わざわざ40分もランニングを行
      う目的が分かりません。

      各チームの選手が集まるなら、ここでしか出来ないものを行うべきです。例
      えば教育的なものです。

 

R氏:技術の習得やいろいろなトレーニングの目的と方法の説明などですか?

 

飯野:そうです。練習会が終わってから各チームで実施できる有用な内容を指導す
      べきです。

      しかし、一番の問題は、ランニングが最重要なトレーニングだと誤解させる
      可能性があることです。バドミントンはスピードとパワーを必要とするスポ
      ーツですが、ランニングなど運動強度が比較的低い持久的トレーニングを
      やり過ぎると筋線維が変わり(FG線維⇒FOG線維)、スピードを発揮する
    能力が低下することが分かっています。
もちろん個人差があり、どの位ま
      でがやり過ぎなのかという判断基準は難しいと思います。

      重要な試合前に何十分もランニングを実施している選手を見ると他にやるべ
      きことがあるのに・・・。と残念に思います。普段からランニングを非常に
      多く実施しているのでしょう!

    *筋線維:筋肉を構成する線維状の細胞、直径0.02~0.1mm、長さは1.0mm~
    5.0cm。速筋繊維(FG線維FOG線維)と遅筋線維(SO線維)に分類される。

R氏:ランニングを実施するなら、短いダッシュや中距離走の方がいいですね?

 

飯野:バドミントンのトレーニングでしたら、そちらの方が勿論いいでしょう!

 

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「ご連絡」

◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tube
 
を開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

 

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
 以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。質問も⇒
iino@quartz.ocn.ne.jp 

 

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/09/21(土) 08:00:00|
  2. 方針
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山口茜選手の試合の感想 | ホーム | 桃田選手試合の感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/87-c9d5300e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (62)
セミナー/講習会 (93)
フットワーク (9)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (12)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR