バドミントン飯野佳孝イズム

選手を強くしたい指導者と強くなりたい選手のためのブログです。

スピンネットの打ち方~両サイド

今回も前回に引き続きスピンネットの打ち方を動画を使って解説しましょう。
前回は正面にきたヘアピンなどをスピンネットで返球するものでしたが、今回はサイド
ラインにきたヘアピンなどをスピンネットで返球する技術です。
モデルは前回と同じくO選手中学3年生です。
スピンネットを打っているところをハイスピードカメラで撮影しましたので見てみましょ
う。最初はノーマルスピードで映し出された後、スローモーションに変わります。

◆フォアサイドスピンネット


◆バックサイドスピンネット


<スピンネット打ち方の解説>
◆スウィングはどこを動かすのか? 
 フォアハンドは利き腕肩関節を支点にして腕とラケットを左から右方向へスウィング
 する。インパクトからフォロースルーにかけて前腕を少しの角度だけ回内する。前腕
 回内することでラインの内側にシャトルを落下させる。
 バックハンドは右から左方向へスウィングする。インパクトからフォロースルーにかけ
 て前腕を少しの角度だけ回外する。前腕回外することでラインの内側にシャトルを落
 下させる。
 シャトルがネットを越え、尚且つ出来る限り正確にコントロールするためにはフォロー
 スルーでラケットをネットの白線までゆっくり持っていくことが重要である。ラケットで
 シャトルをキャリー【carry:運ぶこと】する感覚を持つこととも言える。

◆スウィングのスピードは?
 ラケット面とシャトルのコルク部分の接触時間を出来る限り長くするとスピンがかかり
 やすくなり、シャトルのコントロールも向上する。従ってスウィングスピードは出来る限
 りゆっくりと行う。

◆ラケットスウィングを開始する地点は?
 相手が打ったヘアピンをネット際で、尚且つ高い打点でスピンを打つ場合は、打点と
 なるであろう地点の最短距離からラケットスウィングを開始する。

◆ネットを越してシャトルのコントロールを向上させるためには?
 スピンネットを打つ時は、ラケット面が床とほぼ水平に向いているため、そのままの
 状態で打つとネットを越えない場合がある。そこでインパクト前後で右足に体重をか
 けて体を前方へ押し出すことで飛距離を出す。もしくは、フォロースルーで利き腕肩
 関節を支点にして腕とラケットを斜め上方向へもっていくことで飛距離を出す。

◎練習方法
 フィーダーにシャトルを手で投げてもらい練習する場合は、斜め方向から出してもら
 うとスピンネットが打ちやすくなります。

◎注意(重要)
 スピンネットを打ってネットを越すときにシャトルが逆さまになるケースが多くあります。
 そうするとネットの白線ギリギリを狙って打つとネットにシャトルが引っ掛かる可能性
 が高くなります。従ってネットの白線のやや上を狙って打つといいでしょう。

にほんブログ村バドミントンランキング参戦中 ←クリックすると他のバドミントンブログ一覧を見ることができます

-------------------------------------------------------------------------------- 
◎ブログに掲載した動画は一部を除きYou Tubeから直接見ることができます。You Tubeを
  開き「飯野佳孝」で検索してください。チャンネル登録歓迎!

◎指導を希望される選手やチームもしくは講習会開催、合宿指導の希望がありましたら、
  以下のメールアドレスに問い合わせして下さい。iino@quartz.ocn.ne.jp
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/10/21(月) 09:00:00|
  2. 技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウエイトジャケット活用の提案 | ホーム | アッド講習会終了>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://iinoism.blog.fc2.com/tb.php/95-5667b33d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:飯野佳孝
●主な著書&DVD制作
バドミントン教本「基本編」
バドミントン教本「応用編」
バドミントン教本「Q&A」
DVD見てうまくなるバドミントン教本
目でみるバドミントンの技術とトレーニング
「ナイスショット勇羽」原作者 他
●NHKスポーツ教室 企画・解説・指導
2001年・'02年・'03年・'05年
・'06年・'07年・'09年・'10年
●コーチングセミナー専任講師
●全日本ジュニア研修合宿指導委員長
1992年~2007年
●選手としての主な成績
デンマークオープンダブルス優勝 1979年
全英選手権ダブルス3位 1979年
カナダオープンダブルス優勝 1977年
 ペアは全て土田証雄氏

最新記事

カテゴリ

未分類 (16)
技術 (59)
セミナー/講習会 (91)
フットワーク (8)
愛用品 (10)
練習会 (6)
戦法 (9)
メンタル (2)
方針 (16)
練習方法 (38)
講義 (2)
トレーニング (10)
ウォーミングアップ (2)
ノック技術 (10)
練習計画 (7)
理論 (9)

月別アーカイブ

アクセスカウンター

最新コメント

コメントフォーム(質問・依頼は別途) 

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR